ちむどんどん第108回・伸び悩む客足に、暢子が一時休業を決断

2022.9.6 08:15

店のメニューを見直す暢子(黒島結菜)と矢作(井之脇海)(C)NHK

(写真3枚)

沖縄・やんばるで生まれ育ったヒロインが料理人として成長し、ふるさとの沖縄料理に夢をかける連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)。第108回(9月7日放送)では、自分の店を開いた暢子が一時休業を決断する。

沖縄料理店「ちむどんどん」を営むヒロイン・暢子(黒島結菜)は、夫の和彦(宮沢氷魚)とも相談し、思うように客が入らない店を一旦休むことを決断。そして休業中は、従業員の矢作(井之脇海)とともに、店の味やメニューを見直すことにする。

ときを同じくして、暢子が以前勤めていたレストランのオーナー・房子(原田美枝子)が長期の海外出張より帰国する。悩む暢子へ房子から何か助言をもらえないだろうかと考えた和彦は、二ツ橋(髙嶋政伸)や田良島(山中崇)とともに食事会を企画する。しかし実現した食事会には、思わぬ人物たちが訪問してきて・・・。

本作は、ふるさとの「食」に自分らしい生き方を見出したヒロインが、個性豊かな家族とともに沖縄本土復帰からの50年間を歩んでいく物語。放送は、NHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本