絶滅危機のサンゴの現状学ぶ、キッザニア甲子園で研究員体験

2022.8.15 18:30

キッザニア甲子園の「サンゴ未来研究所」体験の様子

(写真1枚)

子どもがさまざまな職業を体験できる施設「キッザニア甲子園」(兵庫県西宮市)で、この夏限定のアクティビティが登場。SDGsを考えるパビリオンとして8月28日まで、サンゴ研究員の仕事が体験できる。

気候変動の影響で、世界的に消滅する危機にあるサンゴ。同パビリオン「サンゴ未来研究所」では、そんなサンゴの危機的現状に加え、海の環境を守る大切さを子どもたちが学ぶ仕事体験となる。

研究員となった子どもは、AIやIoTを使ってサンゴの生態系を再現した水槽を観察。体験時間は約35分で、体験後はお給料として8キッゾ(キッザニア内通貨)が支給。施設内には別途入場料が必要(料金は時間帯によって異なる)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本