よるドラ共演者が語る、Aぇ!佐野晶哉は「癒やし系でした」

2022.8.14 13:00

『あなたのブツが、ここに』(NHK)で親子役を演じる仁村紗和(左)と毎田暖乃

(写真2枚)

8月22日からスタートする新番組・よるドラ『あなたのブツが、ここに』(NHK)。連続テレビ小説『おちょやん』で芝居茶屋「岡安」の女中を演じた仁村紗和と毎田暖乃が親子役で出演する。

仁村が演じる主人公の山崎亜子は、10歳の娘がいるシングルマザー。キャバクラ嬢から宅配ドライバーに転身するという役どころに制作統括の櫻井壮一氏は、「キャバ嬢と宅配ドライバーの両方が似合う人ってなかなかいないと思うのですが、本当にぴったりだった」と絶賛している。

亜子が働く運送会社「マルカ」の面々も個性豊か。亜子を宅配ドライバーの世界に導いた社長の葛西信夫役を岡部たかし、先輩ドライバーの武田浩三役を津田健次郎、そして亜子に憧れる20歳のドライバー、峯田健太役をAぇ! group(関西ジャニーズ Jr.)の佐野晶哉が演じる。

佐野は本作に向けて、「峯田はコロナ禍でも全力で生きていてバカが付くほど一途で熱い男ですが、憎めない愛おしいキャラ。僕にとって初めての連続ドラマ出演になりますが、みなさんにもこの峯田というキャラを愛してもらえるよう、笑顔になってもらえるように自分自身も楽しみながら頑張ります」とコメント。

そんな佐野の役柄について仁村は、「ミネケンはすごくかわいらしい人。物語のなかですが、20歳の子に好意を持たれるというのは、なかなかないことなのでうれしかったです(笑)」と笑顔を見せる。

峯田は人懐っこい性格だが、「佐野くんは意外とミネケンとはちょっと違う」と仁村。「ミネケンみたいに『亜子さーん!』って元気よく近づいてくる感じじゃなくて、気がついたら近くにいて、ニコニコ笑っているみたいな(笑)。癒やし系でした。咲妃ともすごく仲良くしていました」と明かした。

咲妃役を演じ、「本当に仲良くしていただいた」という毎田。「佐野さんは、ミネケンのときはすっごい元気で、裏でもすごい元気でした。みんなでしゃべっているときも盛り上げてくれました」と話し、現場のムードメーカーになっていたようだ。

撮影中、佐野からは「咲妃か暖乃と呼ばれていた」と毎田。彼女が、「良きお兄ちゃんという存在」と振りかえる2人のほっこりとしたやり取りにも注目だ。

同ドラマは、8月22日から毎週月〜木曜の夜10時45分からの放送で、各話15分・全6週。ほかに岡部たかし、津田健次郎、ゆうちゃみ、キムラ緑子らが出演する。

取材・文/岩本

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本