大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第32回・災いの種

2022.8.15 06:45

義時の館にて。義時(小栗旬)にある決意を伝えた比奈(堀田真由)(C)NHK

(写真10枚)

俳優・小栗旬が主演を務め、鎌倉幕府二代執権・北条義時を中心に描く大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)。「災いの種」と題する第32話(8月21日放送)では、比企亡き後の頼家の後継者をめぐる鎌倉内部の様相が描かれる。

二代目鎌倉殿・源頼家(金子大地)の後継者をめぐる、北条と比企の熾烈な権力闘争が最終局面を迎えた第31回(8月14日放送)。頼家が病に倒れ、比企能員(佐藤二朗)は娘のせつ(山谷花純)が生んだ頼家の長男・一幡を後継者として推し、朝廷から許しを得ようと躍起になる。

比企の企てに対して、北条時政(坂東彌十郎)、義時らは行動を起こし、事態は後に「比企能員の乱」と呼ばれる改変へと発展した。

そして、病に倒れるも奇跡的に息を吹き返した頼家。しかし後鳥羽上皇(尾上松也)のもとには頼家危篤の報が届き、後鳥羽は考えを巡らせる。

その頃の鎌倉では、政子(小池栄子)のもとに義時(小栗旬)、泰時(坂口健太郎)らが集まり、比企亡き後の新たな体制について話し合っていた。そんななか、比企一族の出身である義時の妻・比奈(堀田真由)は1人で思いにふける。

一方、先を見据える時政の妻・りく(宮沢りえ)は、時政に京との関係をより深めるように説いていた。時政とりくの愛息・政範(中川翼)も胸を高鳴らせて・・・。

本作は、後の鎌倉幕府二代執権となる北条義時を主人公とし、野心とは無縁だった若者が、いかにして武士の頂点に上り詰めたのかを描く物語。放送はNHK総合で毎週日曜夜8時から、BSプレミアム・BS4Kでは午後6時からスタート。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本