ブルーボトルに神戸2号店が誕生、「らしさ」満載な空間とは

2022.8.2 18:30

8月31日にオープンする「ブルーボトルコーヒー神戸阪急カフェ」

(写真4枚)

コーヒーチェーン「ブルーボトルコーヒー」(本社:東京都江東区)は8月31日、神戸2店目となる「ブルーボトルコーヒー 神戸阪急カフェ」をオープンする。百貨店内という景観を生かしたお店造りが特徴なようで・・・。

2018年にオープンした居留地エリア1号店は、広々とした空間の真んなかに佇む「バリスタエリア」が目を惹く店舗。360度どこからでもバリスタがコーヒーを淹れている姿を見ることができるという個性的な造りとなっており、世界的ブランド「イッセイ ミヤケ」や「ヨージヤマモト」とともに軒を連ねる。

今夏オープンする神戸2号店は、現在リニューアル改装中の「神戸阪急」(神戸市中央区)の新館内に。「神戸の街の口」として愛され、長い歴史を持つ同館の1階部分に誕生する。

外観は「神戸阪急」らしいシックな茶色があしらわれ、百貨店の持ち味とも言われるスクエアのショーウインドウを効果的に利用。通勤通学、ショッピングに観光と、多くの人が行き交う神戸の街並みに合わせるべく、屋外からも注文できるカフェスタンドも備わる予定なんだとか。

「ブルーボトルコーヒー神戸阪急カフェ」の内観イメージ図

また、「新しいモード体験」がテーマの「阪急神戸」新館(1階〜3階)に馴染むべく、店内には神戸市北区の材木を使用するなど、初の試みもなされるよう。営業時間は朝10時〜夜8時。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本