大阪府の新型コロナ陽性者は7785人、前週比の約1.6倍

2022.7.25 19:30

大阪府庁(大阪市中央区)

(写真1枚)

大阪府は7月25日、新型コロナウイルスの新規陽性者を7785人確認したと発表(うち疑似症84人)。前週の月曜と比較し、約1.6倍となった。

この日の検査数は2万1708件で、陽性率は35.5%。陽性者の割合が比較的低いとされる月曜日なだけに、前日の1万7445人から半数以下に減少したが、前週の月曜である7月18日(4859人)から約1.6倍と急増。新たな重症者は4人で、うち50代女性、60代男性、90代女性は基礎疾患を有していなかった。また90代女性1人の死亡が明らかになった。

この状況に大阪府の吉村洋文知事は、自身のツイッターを更新。「現在、感染拡大期にあります。感染リスクの高い場面でのマスク着用等、お一人お一人の基本的感染対策の徹底お願いします」と、府民に呼びかけた。

また大阪府は、23日と24日に発表した陽性者数に重複があったとして(23日・3人、24日・6人)、累計から取り下げた。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本