乃木坂キャプテンから「座長」へ、桜井玲香が舞台初主演

2022.7.22 18:30

ミュージカル『DOROTHY〜オズの魔法使い』で主演を務める桜井玲香(22日・大阪市内)

(写真2枚)

元乃木坂46の桜井玲香が主演を務めるミュージカル『DOROTHY〜オズの魔法使い』。7月22日、9月の兵庫公演を前に取材会がおこなわれ、カンパニーで座長を担うことへの意気込みを語った。

世界中で何度も上演されている不朽の名作『オズの魔法使い』を、令和バージョンへとアレンジした同作。桜井演じるドロシーは、魔法の国に迷い込んだ現代の大学生で、原作でもおなじみのカカシや西の魔女に出逢いながら、「大切なもの」を見つけるというストーリーだ。

役柄は原作とさほど変わりはないものの、そこはあくまで設定。桜井は「魔法の国だからぶっ飛んだセリフや演出がある、活気に溢れた作品になると思います。ビジュアルではドロシーはおさげ姿ですが、実際はおさげじゃなかったり、カカシも見た目が違ったりするかも!?」と、舞台だからこその「おとぎの国」を匂わせた。

同舞台は桜井にとっての単独初の主演作。乃木坂46時代はキャプテンをつとめ、40〜50人のメンバーを引っ張ってきたリーダーだったが、今回はその立場が座長へと変化。

「これまで幾つかの舞台を経験させていただきましたが、座長でカンパニーの雰囲気は変わると思うんです。キャプテン時代を経て、『いろんな人がいる』ということは分かりました(笑)。当時からまとめようとするより、みんなが楽しめる空間作りを心かけていたので、それは今回も生かされるかな」と意気込みを語る。

オファーをもらった時は「ちょっと大丈夫かな〜」と不安だったと話す桜井玲香(22日・大阪市内)

桜井のほか、蒼井翔太、鈴木勝吾、渡辺大輔ら、若手の実力派俳優に加え、凰稀かなめ、鈴木壮麻も出演。ミュージカル『DOROTHY〜オズの魔法使い』は9月16日〜19日「兵庫県立芸術文化センター」(西宮市高松町)にて。チケットは特別指定席1万5000円ほか、現在発売中。

ミュージカル『DOROTHY〜オズの魔法使い』

会場:兵庫県立芸術文化センター 中ホール(兵庫県西宮市高松町2-22)
期間:9月16日(金)~19日(月・祝)
料金:特別指定席1万5000円、指定席1万2000円、U-250チケット6000円(当日引換) 





  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本