30周年のウルフルズ、名曲だらけの「ヤッサ!」ライブを放送

2022.7.24 19:45

5月にデビュー30周年を迎えたウルフルズ

(写真1枚)

2022年5月にデビュー30周年を迎えたウルフルズの名物野外フェス『ヤッサ!』。そのライブの模様が7月31日、WOWOWにて放送・配信される。

1988年に大阪で結成されたウルフルズ。1995年のシングル『ガッツだぜ!!』でブレイクし、同曲を含むアルバム『バンザイ~好きでよかった~』は100万枚を超えるヒットを記録した。

耳に残るキャッチーなメロディと、シンプル&ストレートゆえに老若男女に突き刺さる歌詞。それを力強く歌い上げるトータス松本のソウルフルなヴォーカルとメンバーの親しみやすいポップなキャラクター、そしてファンクやブルースといった一般には馴染みの少ないブラックミュージックを咀嚼したダンサブルなバンドサウンド。

そんな一見バラバラの要素が高い純度で融合したウルフルズサウンドは、RCサクセション直系の日本語ロックの王道をゆくものだ。「ウルフルズ=応援歌」というイメージも強いが、それだけでは収まらない引き出しの広さも、ウルフルズというバンドの魅力だろう。

なかでも、コミカルなファンクチューンや、しんみりした哀愁漂うバラードは、ウルフルズが憂歌団の遺伝子を受け継ぐ浪速のブルースバンドでもあることを深く感じさせる。

近年はソロワークを中心に活動していたが、2021年夏以降は30周年プレ・イヤー企画としてセルフカバーアルバム3部作『ウル盤』『フル盤』『ズ盤』を連続リリースするなど、バンドでの活動を活発化。

今回放送されるのは、2022年5月21日にデビュー30周年を記念して「万博記念公園もみじ川芝生広場」(大阪府吹田市)で開催された、2018年以来4年ぶりとなる恒例の野外ワンマンライブ。同3部作に収録された30曲が完全網羅されているという。

長きに渡って愛されてきたウルフルズの神髄を見せつける、盛りだくさんのステージ。大阪が誇る国民的バンドの30年の軌跡を、地元の野外ならではの弾けまくったパフォーマンスとともにじっくりと堪能できる。放送は7月31日・朝10時。WOWOWオンデマンドでは放送同時配信および、放送終了後1カ月間アーカイブ配信あり。

文/井口啓子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本