コナン声優の高木渉、朝ドラに出演「声の良さ、隠せてない」

2022.7.11 19:45

戸惑った表情でホールでドリンクを運ぶ暢子(黒島結菜)(C)NHK

(写真1枚)

沖縄で生まれ育ったヒロインが料理人を目指す連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)。7月11日放送の第66回に声優の高木渉が登場。ツイッターでトレンド入りを果たした(以下、ネタバレあり)。

ヒロイン・暢子(黒島結菜)の勤め先「フォンターナ」に1年に1度来店する客・西郷(高木渉)が訪れる。亡き妻の思い出を語りながら和やかに進む食事だったが、西郷が娘に再婚話を切り出すと、娘は受け入れられずにその場から走り去ってしまうのだった。

『名探偵コナン』の高木渉役、『機動新世紀ガンダムX』のガロード・ランなどで活躍する高木がゲスト出演した第66回。近年では俳優としての活動でも知られ、『半分、青い。』や『青天を衝け』などNHKドラマにも多く出演している。

今回、娘の名前を叫ぶシーンでは、「落ち着いた声だと俳優さんなのに、叫ぶとやっぱり高木渉で安心する」「声の良さが隠せない高木渉氏」「渋い声だなぁ」など、SNSではその美声に聞き惚れた視聴者が多く現れた。

公式インタビューにて、高木は「出演が決まったときは、それはもううれしくてちむどんどんしました。アッラ・フォンターナに長年通っている常連さんという空気感と、映像にはない娘めぐみとの親子の生活ぶりが想像できるようにと心がけて演じました」とコメントしている。

放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第67回では、西郷親子がふたたび「フォンターナ」を訪れ、オーナーの房子(原田美枝子)があるメニューを出すように指示する。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本