「お子さま向けじゃなかった…」ちいかわレトルトカレーに罠!?

2022.7.9 08:00

パッケージが話題、丸美屋食品の「ちいかわカレー」(173円)

(写真2枚)

食品メーカー「丸美屋食品」(本社:東京都杉並区)で7月7日より発売されている、人気キャラ・ちいかわとコラボした「ちいかわカレー」。発売されるや、このパッケージに関するツイートが発売日にトレンド入りするなど、SNSでは話題となっており、「お子さま向けじゃなかった・・・」「ちいかわは甘くないということだね」など、さまざまなコメントが。一体ちいかわが何を!?

■SNSでは「絶対甘口だと勘違いする」

その商品というのは、期間限定で発売されているレトルトカレーのちいかわコラボバージョン。パッケージには、主人公のちいかわ、ウサギ、ハチワレといった同作品のなかでも支持率の高い3匹が描かれており、みな笑顔を浮かべ楽しそうにカレーを食べている。

パッケージを見る限り「アンパンマン ミニパックカレー」(永谷園)や「カレーの王子様」(エスビー)に並ぶ子ども用のカレーかと思いきや、なんとこちらは「中辛のビーフカレー」。よく見ると右上に記載はあるものの、ゆるりとした世界観にはみな「お子さま用」の認識をしてしまうよう。

SNSでは「このパッケージで中辛なの、擬態形だろ」「お子さま向けの甘口カレーのツラしてる」「絶対甘口だと勘違いする」など、思い思いのコメントが寄せられており、ちいかわの公式ツイッターには1.5万ものいいねが。

ちいかわといえば、かわいらしさだけではなく労働や命の危機など、ただの平和な漫画では終わらせないダークさを併せ持った作品。「漫画読んでる購買層はバリバリ大人」「大きなお友達しか買わないの見越して商品作ってるの好き」「ゆるふわな考えで首突っ込んだら、命の危険を伴う『ちいかわの世界』」など、作品を理解する人々からはストレートな意見が飛び交っている。

■トレンド入りは「ありがたいニュース」(広報担当者)

この反響について、丸美屋食品の広報担当者に話を訊いてみると、「普段はなかなかトレンド入りすることがないので、ありがたいニュースです(笑)。ターゲットは、ちいかわの支持層が大人ということから『中辛』に設定しました」とのこと。「バリバリの辛口を期待する声もありましたが・・・?」と尋ねてみると、そこは「幅広い層に食べてもらいたかったから」とのことだ。

ちいかわたちが中辛のカレーを食べているなら、もう少し辛そうな表情をしても良かったのでは・・・? と思うところだが、そこは「今回はかわいらしさで押し通すことにしました。そこが『丸美屋食品』らしさと思っていただけたら!」と期待を込めた。

価格は173円で、8月31日までの期間限定。全国の量販店などで販売されている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本