ちむどんどん第12週振りかえり・古酒(くーす)交差点

2022.7.1 08:15

和彦(宮沢氷魚)の言葉に動揺する暢子(黒島結菜)(C)NHK

(写真5枚)

自然豊かな沖縄北部・やんばる地域から上京してきたヒロインが、一人前の料理人になるため奮闘する姿を描く連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)。7月2日は「古酒(くーす)交差点」と題した第12週(6月27日〜7月1日放送)を振りかえる。

1978年(昭和53年)6月、ヒロイン・暢子(黒島結菜)がレストラン「アッラ・フォンターナ(以下、フォンターナ)」で働きはじめてまもなく丸6年が経とうとしていた。日々おいしい料理を追い求める暢子は、「フォンターナ」を取材する雑誌のインタビューでは「料理が恋人、結婚願望は全くありません!」と即答。親戚でありオーナーの房子(原田美枝子)や二ツ橋(高嶋政伸)シェフに見守られながら、順調に料理人としての経験を積み重ねている。

暢子の周囲の人々もそれぞれの道を邁進しており、友人で新聞記者の和彦(宮沢氷魚)は「東洋新聞」にて学芸部のエースとして活躍。暢子の故郷・沖縄では、娘とともに実家に戻った姉・良子(川口春奈)が家族に支えられながら教師へ復帰し、夫・博夫(山田裕貴)とは義実家の石川家に良子が働くことが認められるまで別居生活を続けることとなった。

そして暢子と同時期に上京した幼なじみの智(前田公輝)は、独立して食品卸の会社を起業することに。暢子に思いを寄せる智は、独立を機に暢子と将来を見据えた話をしたいと考えていた。しかし、肝心の暢子は智の気持ちに気付いておらず、和彦も恋人の愛(飯豊まりえ)に「鈍感」と突っ込まれるほど2人の恋模様に疎い様子だ。

その様子を見守る愛と暢子は良き友人関係を築いており、互いの持つ良さを憧れ合う仲だ。そんな友人たちにも囲まれて、毎日充実感で満ち足りている暢子は、この幸せがいつまでも続けば良いのにとさえ思っていた。そんな暢子の「今がとても幸せ、ずっとこのままで暮らしたい」という言葉に、愛は「それはどうかな。望んでも望まなくても、変化は突然やってくるものだから」と返すのだった。

和彦(宮沢氷魚)を戸惑う表情で見つめる暢子(黒島結菜)(C)NHK

あくる日、愛が両親と和彦を連れて、暢子の勤め先「フォンターナ」へ食事に訪れる。そこで愛の両親は和彦と愛の結婚について話し、2人の結婚話が動き始める。4人の会話を耳にした暢子は、和彦と愛の結婚が近いことを知って動揺してしまう。今まで経験したことのないもやもやとした感情に襲われる暢子は、「なんでうちがわじわじ(沖縄の言葉でイライラ、もやもやした気持ちを表す)するわけ?」と、その理由がわからずにいた。

さらに、幼なじみの早苗(高田夏帆)が結婚をするという報告を聞いた暢子は、流れで幼なじみの智(前田公輝)が自分のことを好きだったという事実を知り驚きを隠せない。一方で、愛との交際が順風満帆に思える和彦も、結婚に対して漠然とした焦燥感を抱いていた。上司の田良島(山中崇)に「問題がないことが問題なんです」と打ち明けた和彦は、「みっともない自分から逃げるな、どうなるにせよ、ちゃんともだえ苦しめ」と田良島から返される。

そんななか、暢子は智に誘われて休日に2人で食事へ出かけることとなる。智の誘いの真意には気づかず、食事の場に「フォンターナ」を選んだ暢子。しかし、智に言われるがままお洒落な装いを身に纏い、智とレストランで向かい合ったところで、ようやくこれがデートだったのだと悟る。真剣な表情で何かを切り出そうとする智に対し、暢子がなんとかはぐらかそうと慌てていると、そこへランチを食べにきた和彦と愛が来店する。

気を利かせた愛が店を変えようと促すも、和彦はそのまま暢子たちの近くの席に着席してしまう。和彦たちが互いに様子を伺うなか、智は暢子に「俺は必ず、商売を軌道に乗せてみせる。そしたら俺のもうひとつの夢を聞いてほしい。意味はわかるよな…」と切り出し始める。念願の起業を果たし、暢子と将来を共にしたいと願う智は「死に物狂いで頑張って必ず成功してみせるから、その時はちゃんと俺の話を聞いてくれ」と決意を伝える。暢子は智の言葉にただ頷くしかできずにいた。

強張った表情で「東洋新聞」社内を歩く暢子(黒島結菜)(C)NHK

そして、智は食品卸会社「スナガワフード」を設立。しばらくは1人で全ての業務をこなさなければならないが、智は成長した姿で暢子に思いを伝えるためがむしゃらに働き続ける。その頃、暢子はオーナーの房子(原田美枝子)からの頼まれ事で「東洋新聞」を訪れる。しかし暢子は、ちょうどそこに居合わせた和彦から愛との結婚話について「どう思う?」と問われ、そのはずみから激しい口論になってしまう。暢子は、和彦との喧嘩によってますますモヤモヤした気持ちに襲われてしまうのだった。

同じ頃、沖縄では小学校で担任を受け持つ良子が新たな悩みを抱えていた。良子のクラスの男子生徒・誠が「学校に行きたくない」と言い出したのだ。いくら尋ねても、誠はずっと黙ったままで理由を口にしない。さらに、本家の長男としての責務と良子との家庭問題で板挟みとなっている博夫が、またしても実家から良子の復職への理解を得ることに失敗。泣き上戸の博夫がかけてきた電話に応える良子を、母・優子(仲間由紀恵)は心配そうに見つめるのだった。

そして東京では、周囲に顔色の悪さを心配されながらも、智が暢子との将来を夢見て必死に働き続けていた。ある日暢子が智の会社を訪ねると、これまでの無理がたたり智が過労により倒れてしまう。智が倒れて空いた仕事の穴は、暢子や和彦、三郎会長(片岡鶴太郎)をはじめとする沖縄県人会の人々が力を貸し、なんとか事なきを得る。この騒動を経て、暢子と和彦は仲直りをするのだが・・・。

本作は、ふるさとの沖縄料理に夢をかけるヒロインと強い絆で結ばれた家族の、沖縄本土復帰からの50年の歩みを描く物語。奮闘する物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。土曜日はその週の放送を振りかえる。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本