ヤンキーの次は「バツ2」パパ、間宮祥太朗の親子ショット解禁

2022.6.27 12:01

ドラマ『魔法のリノベ』で親子役の岩川晴(左)、間宮祥太朗

(写真3枚)

波瑠が主演を務める7月18日スタートの月10ドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジテレビ系、月曜夜10時)。出演する間宮祥太朗の親子ショットが公開された。

同ドラマは、大手リフォーム会社で営業成績抜群の主人公・真行寺小梅(波瑠)が、ワケあって男だらけの福山家が営む「まるふく工務店」に転職。そこで出会ったバツ2シングルファザーの長男・福山玄之介(間宮)とバディを組み、住宅リノベを提案しながら依頼人の問題を解決していくストーリーだ。

ヒロインの相手役を務める間宮は、今作で3クール続けての連ドラ出演。最近まで『ナンバMG5』(フジテレビ系)でヤンキー役を熱演し、金髪&特攻服というド派手なビジュアルと男気溢れる演技で話題を呼んだ。そんな間宮は今回、お人よしで弱気な父親に変貌を遂げる。

また、息子・進之介役の岩川晴は、『ナンバMG5』と『トークサバイバー!~トークが面白いと生き残れるドラマ~』(Netflix)で間宮の幼少期を演じており、同ドラマが3回目の共演となる。

解禁されたのは、家での1シーンや仲良く寄り添う2ショット。岩川について間宮は、「わんぱくで、度胸がある役者さんで、とっても『生っぽい演技』をするなと思います。これまで2作品ご一緒していることもあって、とってもスムーズで波長が合うなと。何も心配することがないですね」と信頼している様子。

第1話では、社長であり玄之介の父(遠藤憲一)が、趣味の山登りで小梅と知り合う。助っ人として「まるふく工務店」に転職してきた小梅は、豊富な知識と優れた観察眼を武器に、玄之介の教育係を兼ねる形でコンビを組むことに。さっそくリノベーションの見積もり依頼があった家へ行き、早くも成約への手応えを感じる玄之介だったが、小梅から営業マンとして0点と酷評される。

放送は7月18日・夜10時から、カンテレ・フジテレビ系にて(初回15分拡大)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本