大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第26回・悲しむ前に

2022.6.27 07:15

御所・政子の居室にて。政子(小池栄子)にある決断を迫る北条義時(小栗旬)(C)NHK

(写真10枚)

俳優・小栗旬が主演を務め、鎌倉幕府二代執権・北条義時を中心に描く大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)。「悲しむ前に」と題する第26話(7月3日放送)では、主君を失った鎌倉で北条家と比企家の対立が深まり始める。

身に降りかかる不幸が続き、源頼朝(大泉洋)が不安にさいなまれた第25回(6月26日放送)。ほどなくして頼朝の嫡男・頼家(金子大地)と、比企家の長女・せつ(こと若狭局、山谷花純)の間に息子・一幡が誕生。一方で、武家の頂点に立った頼朝がいま何を思うのかその真情が描かれた。

主君が見舞われた運命に頼朝の従者・安達盛長(野添義弘)が涙に暮れるなか、先を見据える義時(小栗旬)は官僚・大江広元(栗原英雄)らとともに、頼朝の嫡男・頼家を次の鎌倉殿とする新体制づくりを始める。

しかし、頼家の外戚として比企能員(佐藤二朗)の力が増すことを嫌うりく(宮沢りえ)が、夫・北条時政(坂東彌十郎)をたきつけてこの流れに対抗する。北条と比企のいさかいで鎌倉に不穏な空気が流れるなか、狩りから戻った頼家は・・・。

本作は、後の鎌倉幕府二代執権となる北条義時を主人公とし、野心とは無縁だった若者が、いかにして武士の頂点に上り詰めたのかを描く物語。放送はNHK総合で毎週日曜夜8時から、BSプレミアム・BS4Kでは午後6時からスタート。次回第27回は、「参院選開票速報特番」に伴い放送を休止し、1週飛ばした7月17日に放送予定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本