NMB安部が小説家デビュー「裏側も小説だからこそ書けた」

2022.6.17 15:30

小説家デビューが決まったNMB48・安部若菜 © NMB48

(写真1枚)

関西を拠点に活動する人気グループ・NMB48・安部若菜が、地下アイドルの恋と成長を描いた長編小説にて、グループ初の小説家デビューを果たすことが発表された。

処女作となる『アイドル失格』は、アイドルに恋愛感情を抱く「ガチ恋オタク」と、メジャーデビューを目指す「地下アイドル」の恋と成長を描いた物語。2021年におこなわれた吉本興業×ブックオリティによる『作家育成プロジェクト』に参加した安部若菜のプレゼンと企画書を見て、KADOKAWAが出版権利を獲得。今回の刊行に至ったという。

今回の小説家デビューについて、「小さい頃から本を読むのが大好きで、小説家になることを密かに夢見てきたので本当にうれしいです」と喜びを爆発させた安部。そして、「私のアイドルが好きだった経験も、現役アイドルの経験もぎゅっと詰め込みました。もちろんすべてフィクションですが、アイドルの恋愛や裏側など、小説だからこそ書けた部分もたくさんあります。ぜひご一読ください」と語った。

大阪府出身の安部は、20歳の現役大学生。内向的な性格のため、友だちがほとんどできず、毎日図書館に通って年間100冊ほどの小説を読破(愛読書はミヒャエル・エンデの『はてしない物語』)。アイドルなら学校に行かなくて済むのではないかという考えと、アイドルが好きだった憧れからオーディションを受け、2018年1月NMB48に合格。趣味は、落語鑑賞、株、ゲーム、アニメ鑑賞。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本