お笑いコンビ・ツートライブ、「漫才師」へと化す信念の出囃子

2022.6.28 07:00

お笑いコンビ・ツートライブ(左からたかのり、周平魂)

(写真11枚)

■「全然飽きずに、聴くたびに好きになる曲」(たかのり)

「出囃子のインタビュアーとして自分の出囃子(スマイルの出囃子は「Hi-STANDARD」の『MY FIRST KISS』)を背負ってきたんですか?」「ボケとかほんまになしで意識したんかたまたまなんか、どっちすか?」と聞かれ、瀬戸ポツリ「…ほんまやねん」
瀬戸の思いを聞き爆笑する2人。「僕うれしいです! 1個の仕事に対してもう1個自分のニュアンスを背負って2軸で来てくれる人が好きなんです!」と絶賛する周平魂に「それどういう人なん?」とツッコむたかのり

瀬戸:今の曲のほかに候補はなかったの?

周平魂:正直ありました。僕、今までの人生でおとんや相方、嫁の声より聞いてるって言えるくらい、甲本ヒロトさんがめちゃめちゃ好きで。なんで甲本さんで探してたんですけど・・・変な感情になってまうなって。舞台に立ってお客さんに好きになってもらわなあかんのに、自分が音楽に気持ち奪われるというか。一番好きな曲では出ていけへんなって思いましたね。結婚式でも、甲本さん絡みの曲はかけてないんです。

たかのり:ずっと好きよな。会ったら死ぬんちゃう? ほんまに好きすぎるんで。

瀬戸:好きすぎるが故に曲は使えない・・・なるほどな。

周平魂:出る前にもってかれるわって、選べなかったですね。あと、四星球さんっていうバンドの方が「M-1」の『アナザーストーリー』って番組※2をイメージした曲を作ってるんです。それ、僕らをイメージした曲でもあるんですよ。僕が好きになったのをキッカケに四星球さんとは仲良くなったんですけど、ある日「ツートライブが『M-1』優勝して、そのときのアナザーストーリーでかかってほしいなと思って作りました」って。

瀬戸:えぇ〜!

周平魂:その曲もみんなに「出囃子にすべきや」って言われるんですけど、それも良すぎるんですよ。グーッとなって、もってかれてまうというか。サビがね、「今度は必ずうまくいく、根拠はないけど根性で」っていう・・・いっつもそんな感じで見てくれてたんやなぁと思って。

瀬戸:裏の苦悩とかもいろいろ分かってくれててね。でもそれを出囃子にすると「もってかれる」?

周平魂:もってかれますねえ!

瀬戸:さっきから何回も言ってる「もってかれる」って何なん!?

たかのり:それはね、僕も思ってました。

瀬戸:カッコ書きでもどういう意味か書いとかないと、読んでいる方にご理解いただけないと思うので。

たかのり:ギャロップの毛利さんがおいしいモン食べたときに「舌もってかれる!」てよお言うてるけど(笑)。

周平魂:なんて言うんですかね・・・脳をもってかれるというか、熱い方になってまうんですよ。熱くバカをするじゃなくて、バカをすることで熱くなりたいじゃないですか。熱くバカしてしまうと、お客さんもおもしろくないと思います。そう思わへん?

たかのり:でも確かに熱くなるのはね、かしこまっちゃうよな。

瀬戸:だから『Fire Like This』はちょうど良いくらいの、ツートライブに合ってるカッコ良さがあるんかもね。

たかのり:ほんで飽きないんですよね。何回聴いてもかっこいいし、なんなら聴くたびに好きになっていく曲。飽きないのがやっぱり良いですよね。

周平魂が出番前に寝てしまい、過去に1度だけ最後のトランス状態部分で舞台にあがったこともあるそう。「初めて理想的なタイミングで出れましたけど、めちゃくちゃテンパってましたね…」と振りかえる周平魂

■「出囃子は『舞台に放たれるための滑走路』」(周平魂)

瀬戸:じゃあ最後に恒例の質問を。お二方にとっての「出囃子」とは?

たかのり:耳から感じるスモークですよね。実際にスモークは出ないけど音で感じる・・・煽りですから。

周平魂:どやろなぁ・・・まぁ漫才師として舞台に放たれるための滑走路、ですかね。

たかのり:いや、ださぁ!

瀬戸:今からちょうど離陸・・・飛び立つぞっていうね。伊丹空港ですか?

周平魂:(舌打ち)・・・何を国内線にしてくれとんねん。

たかのり:そこにぶち切れてたんや! 国際線やったら、関空やったらええんや(笑)。

瀬戸:失礼しました(笑)。日本に留まらず世界に飛び立つための滑走路。そうやって飛び立ったツートライブと、セットで漫才と見ていただきたいということですね。ありがとうございました!

ビール片手に、取材時間みっちり話が止まらなかった3人。最後は周平魂がインタビュアーに、瀬戸の私服衣装について深掘りする展開に・・・。

次回は、ツートライブが「ちょっと紳士的な、アメリカンコメディっぽいところが合ってるなって」と推薦したマンゲキ芸人が登場します!

※1・・・英国の電子音楽ユニット、※2・・・『M-1グランプリ』ファイナリストの激闘の裏側に迫ったドキュメンタリー番組

取材/瀬戸洋祐(スマイル)
写真/わたなべよしこ

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本