朝ドラ・新キャスト続々登場、朝ドラ受け「穏やかじゃないね」

2022.5.31 21:00

思わぬ再会に笑顔をみせる比嘉暢子(黒島結菜)(C)NHK

(写真1枚)

沖縄で生まれ育ったヒロインが、上京し新たな出会いを通して成長していく姿を描いた連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)。5月31日放送の第37回では、暢子が幼少期に交流を深めた少年・和彦と、東京で再会するシーンが描かれた(以下、ネタバレあり)。

新聞社でアルバイトをすることになり、慣れない職場で四苦八苦するヒロイン・暢子(黒島結菜)。そんななか、かつて沖縄に滞在し、暢子たち比嘉家と交流を深めた少年・青柳和彦(宮沢氷魚)と約10年ぶりに再会する。

成長した和彦は新聞社に入社しており、豊富な沖縄の知識を活かして学芸部で活躍していた。思いがけない再会に喜ぶ2人だが、さらに和彦の引っ越し先が暢子と同じ下宿先であることが判明するのだった。

宮沢氷魚が演じる大人になった和彦の登場に、SNSでは「和彦くんすっかり大人になって」「暢子と和彦くん!!! 再会!!! イケメン!」と暢子との再会を喜ぶ声や、「宮沢氷魚さんの和彦くんが、あの頃の和彦くんの面影ある演技でうれしいわ」「ちゃんと面影ある」など、期待の声が続々。

一方で、和彦の下宿先を訪れるなど親し気な様子を見せる同僚の大野愛(飯豊まりえ)も登場。「愛さんと和彦くん、身長のバランスとか含めてとってもお似合いだわ」「愛さん彼女なのかな・・・」「愛さんと和彦はどういう関係なんだろうねえ」など、2人の関係にも注目が。

朝の情報番組『あさイチ』の朝ドラ受けでも、司会の博多華丸・大吉と鈴木奈穂子アナウンサーが、「穏やかじゃないね」「ひとつ屋根の下でしょ、ここから・・・」「(愛は)彼女?」「もめますよ、今後」など、これからの展開について予測し盛り上がっていた。

放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第38回は、暢子が和彦との再会を喜ぶなか、沖縄では歌子(上白石萌歌)がオーディションを受けようとする。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本