神戸のホテル屋上に展望デッキ、新定番スポットなるか

2022.5.16 13:15

「屋上テラス ソラフネKOBE(仮)」夜イメージ

(写真3枚)

「神戸ポートピアホテル」(神戸市中央区)は2022年夏に、本館屋上へ展望施設「屋上テラス ソラフネKOBE(仮)」を設置することを発表した。

これまでも、おひとりさま向けのフレンチ、落ち着いた雰囲気のナイトプール、レストランメニューのドライブスルーなど、その時々の需要に合わせたサービスを提供してきた同ホテル。今回は新たな試みとして、現在はゲストが入れない屋上に展望デッキをオープンさせることに。

地上から110メートルの高さにあたる展望デッキは、360度のパノラマビュー。海に囲まれたポートアイランドからは神戸の街並みや六甲山系、淡路島や大阪湾を一望でき、夜には1000万ドルとも称される夜景が広がる。床面のウッドデッキも相まって、まるで船の上にいるかのような非日常気分を味わえるという。

「屋上テラス ソラフネKOBE(仮)」は、2022年8月頃オープン予定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本