ちむどんどん第25回・料理人になるため、暢子が東京へと出発

2022.5.12 08:15

母・優子(左、仲間由紀恵)に見送られる比嘉暢子(黒島結菜)(C)NHK

(写真5枚)

沖縄・やんばる地域で生まれ育ったヒロインと、その四人兄妹の歩みを描く連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)。第25回(5月13日放送)では、暢子が夢を叶えるために東京へと向かう。

高校卒業を控えるヒロイン・暢子(黒島結菜)は、東京で料理人になる夢を家族のために諦める。しかし、兄・賢秀(竜星涼)の計らいで、卒業後に無事に上京できることに。

そして、沖縄が本土復帰を果たした1972年(昭和47年)5月15日。暢子は故郷と家族から離れて、単身東京へと渡ることになり・・・。

本作は、沖縄本島北部・やんばる地域出身のヒロインが料理人を目指し、やがて東京で沖縄料理の店を開こうと奮闘する物語。放送は、NHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本