吉岡里帆と吉野監督の関西出身タッグ「やっと帰ってこれました」

2022.5.6 22:55

映画『ハケンアニメ』の舞台挨拶に登壇した女優の吉岡里帆(左)と吉野耕平監督(右)(6日・大阪市内)

(写真4枚)

女優・吉岡里帆が主演をつとめる映画『ハケンアニメ!』の舞台挨拶が、5月6日に大阪市内でおこなわれ、吉野耕平監督とともに登壇した。

アニメ制作の舞台裏を描いた直木賞作家・辻村深月の小説を映画化した同作。主人公の新人アニメ監督・斎藤瞳(吉岡里帆)と伝説の天才監督・王子千晴(中村倫也)が、成功を目指して奮闘する物語だ。

吉岡は京都、吉野監督は大阪出身とあって大きな拍手で迎えられたこの日。吉岡は「やっと帰ってこれました」と笑顔で手を振り、吉野監督も関西弁で挨拶し「久しぶりに帰ってきて、わくわくしている」と相好を崩した。

司会者からアニメ監督と自分自身の仕事と重なる部分を訊かれた吉岡は、「劇中に出てくるキャラクターが、みんな熱量がすごくて愛に溢れていた。私自身共感もして今後も大事にしていきたい」と話し、吉野監督は「アニメはすべて絵で表現するので、監督が生み出す世界のルールだったり、一人ひとりに携わるエネルギーがアニメ監督は大変」と実写映画との違いを教わった。

最後に吉岡は「アニメーション業界の裏側を描いて、個性豊かなキャラクターがたくさん出てくるので、みなさんの明日の活力になると信じている」と記念撮影をおこない、大ヒットを祈願した。同作は5月20日公開。

取材・文・写真/川野学志

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本