運動会前夜「アカン」展開に、朝ドラ受け「アババの呪い?」

2022.4.19 19:45

母・比嘉優子(仲間由紀恵)、体操服を身に着ける比嘉歌子(布施愛織)、比嘉暢子(稲垣来泉)、比嘉賢秀(浅川大治)(C)NHK

(写真5枚)

沖縄で生まれ育ったヒロインの人生を「食」や「家族」を軸に描いていく連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)。4月19日放送の第7回では、運動会が近づく比嘉家にハプニングが起こる(以下、ネタバレあり)。

父・賢三(大森南朋)を失い、これまでより生活が苦しくなった比嘉家。運動会が近づき、母・優子(仲間由紀恵)は過酷な肉体労働をして、賢秀(浅川大治)のズック、良子(土屋希乃)の体操着を手に入れる。しかし、賢秀の不注意によって新品のズックと体操着が豚のアベベに汚されてしまう。

運動会当日、特訓をしたにもかかわらず徒競走でビリだった歌子(布施愛織)や母の思いを背負い走り出した暢子(稲垣来泉)。しかし、走っている最中にズックが破れ、一等賞目前で転倒してしまうのだった。

優子が必死に働き、ようやく手に入れたズックと体操着が汚れてしまう展開に、「アベベが・・・。ニーニー、そこに置いたらアカンやろ!」「ニーニー、自分のズックはともかく何で良子の体操着まで豚小屋にもっていくのさ」「比嘉家クラファン立ち上げたい」とSNSは騒然。

また、朝の情報番組『あさイチ』では司会の博多華丸・大吉が、「なんであそこに置くかね~、靴も体操服も」「言いたくないけどアババの呪いです。あれからもう不幸続きですから」と嘆き、ツイッターのトレンドに「アババの呪い」が浮上するなど話題を呼んだ。

放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第8回は、アクシデントで転倒した暢子の悔しさをうけ、兄妹たちは決意を新たに運動会で奮闘する。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本