阪急百貨店とカルピスがコラボ、「腸活」の新ショップ誕生

2022.4.9 10:15

「阪急うめだ本店」にオープンした「発酵カルピスパーラー」

(写真3枚)

日本を代表する発酵飲料「カルピス」(アサヒ飲料)と「阪急うめだ本店」(大阪市北区)のコラボショップが4月8日に誕生。昨今「腸活」でも注目される発酵食材が、ドリンクとして手軽に楽しめる。

新ショップ「発酵カルピスパーラー」は、健康を軸とした「からだ想いな食の考え方」に注力する同百貨店と、100年以上発酵と向き合ってきた「カルピス」とのタッグで実現。

「アサヒグループジャパン」広報の佐野さんは、「発酵のおいしさを1人でも多くの方に知っていただけるように、健康感はもちろん、おいしく飲める食材の組み合わせにこだわりました。小さなお子さまから大人の方まで、幅広い年代の方に楽しんでいただきたいです」と話す。

左から、「もろみ酢とカルピス」「甘酒とカルピス」「ヨーグルトとカルピス」(大阪・阪急うめだ本店「発酵カルピスパーラー」)

ラインアップは、カルピスをベースに「甘酒」「ヨーグルト」「もろみ酢」を掛け合わせたアイスドリンク3種(各598円)。一見好みが分かれそうな食材だが、カルピスと合わせることですっきりと飲みやすい口当たりに。

そのほか、期間限定フレーバーとして「苺ピューレ仕立てのヨーグルトとカルピス」「メロンピューレがけクリームチーズとカルピス」がスタンバイ。佐野さんが、「若い方へのアプローチとして見た目のおしゃれさにもこだわっています」と言うように、フルーツやハーブで華やかなビジュアルに仕上がっている。

場所は「阪急うめだ本店」地下1階食品売り場「ツリーテラス」横。営業時間は朝10時〜夜8時。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本