宝塚歌劇のゴージャス衣装が約120点、神戸で初の特別展

2022.4.8 07:15

娘役の展示衣装 ドレス

(写真5枚)

「宝塚歌劇」の衣装に特化した特別展『華麗なる宝塚歌劇衣装の世界』が、「神戸ファッション美術館」(神戸市東灘区)にて4月16日より開催される。

1914年の初公演以来、多くのファンに愛され続ける「宝塚歌劇」。ダイナミックな演出もさることながら、トップスターが背中に装着するゴージャスな背負い羽や、大ぶりの花があしらわれた装飾的なドレスなど、衣装も見どころのひとつで、華やかなデザインが見る人を楽しませてきた。

今回、その衣装にスポットを当てた初めての展覧会が決定。写真や映像に加え、実際のドレスや小道具など約120点にも及ぶ作品が展示され、100年以上続く「宝塚歌劇」の歴史・変遷をファッションを通して学ぶことができる。

また、展示スペース内には豪華な背負い羽を背景に写真が撮れるフォトスポットも設置。ファンには見逃せない展示となりそうだ。期間は6月12日まで、一般1000円。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本