1周まわって新しい、「ニュートロ」なグッズが大阪に集結

2022.4.7 06:30

4月6日からスタートした『ニュートロポップシティ』

(写真4枚)

レトロのなかに新しさを取り入れた「ニュートロ」な雑貨を楽しむイベント『ニュートロポップシティ』が、4月6日から「阪急うめだ本店」(大阪市北区)でスタートした。

純喫茶ブームを筆頭に「昭和レトロ」が流行中かと思えば、10代からは早くも「平成レトロ」なんて言葉が飛び出す昨今。「ニュートロ」とは、古い(レトロ)と新しい(ニュー)を融合させた韓国の若者から生まれた造語で、同イベントでは「古くてダサいはもう古い!レトロ沼へようこそ。」のテーマのもと、オトナゴコロくすぐるアイテムが登場する。

関西や東京から12のショップが集まり、廃棄される本物のレコード盤で制作したバッグや、60〜80年代の古着、1990年代にゲームセンターで活躍したアーケードゲームなどを販売。レトロな雑貨や家具・玩具を現代風にリメイクした商品でタイムスリップした感覚を味わってみては。

会場では、ゲーム機の試遊コーナーや、ワークショップも実施。期間は12日まで、時間は朝10時〜夜8時(最終日は夕方4時終了)。「阪急うめだ本店」10階「うめだスーク」中央街区パークにて。 

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本