「雉真の足袋」が世界に…勇に視聴者もらい泣き【カムカム】

2022.3.31 19:45

記者会見の様子を見る大月ひなた(川栄李奈)(C)NHK

(写真4枚)

野球やラジオ英語講座などを軸に、100年の物語を描く連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。3月31日放送の第106回では、ハリウッド映画での撮影シーンが描かれた(以下、ネタバレあり)。

映画『サムライ・ベースボール』の制作が始まり、モモケン(尾上菊之助)や虚無蔵(松重豊)の出演も発表される。さらにひなた(川栄李奈)は、大叔父の勇(目黒祐樹)が経営する「雉真繊維」の足袋が作品の衣装として採用されることを知るのだった。

父・千吉(段田安則)の代から作り続けた雉真の足袋が、ひなたが関わる仕事の役に立っていることを知った勇。「父さんも草葉の陰でどねえに喜んどるじゃろう」「作り続けてよかった。守り続けてよかった」と、勇が涙を流すシーンではもらい泣きをする視聴者が続出。

SNSでは、「雉真繊維の足袋に打順が回ってきて、そりゃ泣くよね勇ちゃん」「温かくて涙もろい勇おじさん、演じてくれた目黒祐樹さんに感謝」など話題となり、「勇ちゃん」がツイッターのトレンドに浮上した。

『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第107回では、勇の妻・雪衣(多岐川裕美)が入院し、るい(深津絵里)が岡山の病院に向かう。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本