関西人はイケるやつ? くら寿司にW炭水化物な「たこ焼き」寿司

2022.3.31 07:45

限定メニュー専用の舟皿にのった「道頓堀たこ焼きロール」

(写真5枚)

回転寿司チェーン店「くら寿司」(本社:大阪府堺市)の道頓堀店オープン1周年を記念し、3月31日から同店含むグローバル旗艦店に限定メニュー「道頓堀たこ焼きロール」が販売される。

きゅうりとエビマヨを酢飯で巻いたロール寿司のうえに、カリカリの揚げたこ焼きが鎮座し、かつお節が踊る同商品。インパクト大なビジュアルに加えて「W炭水化物」というパワフルな組み合わせだが、シャリに合うように作られた甘めの特製たこ焼きソースが使われているので、味の相性は意外にもぴったりだ。

広報担当者に「たこ焼き×シャリ」という関西でもなかなか見かけない組み合わせについて聞いてみると、「本社が大阪にあり大阪気質が強いためか、社内では賛成の声がほとんどでした(笑)。合うように作っているので、関西以外の方にもぜひ味わっていただきたいです!」と、自信たっぷりなコメントが。

関西ではおなじみの、「粉もんはご飯のおかずになるのか?」問題の最適解ともいえるこの新メニュー。「たこ焼きはご飯と合わない」派の人にこそ食べてみてほしい。

また、海外の店舗で人気を誇る「レッドドラゴンロール」「ゴールデンクランチロール」「えびタイガーロール」(各250円〜)といった限定メニューも販売される。「たこ焼きロール」(250円〜)含む4種の限定メニューは、道頓堀店のほか、浅草ROX店、原宿店、スカイツリー押上駅前店でも味わえる。

取材・文・写真/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本