深まるアニーの謎に、ミルクボーイ状態「ほな安子ちがうか〜」

2022.3.28 19:45

条映・道場にて、五十嵐(本郷奏多)と話しをするひなた(川栄李奈)(C)NHK

(写真5枚)

朝ドラでは初となる、3世代のヒロインたちの物語を描いた連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。3月28日放送の第103回では、アニー・ヒラカワと甥のジョージの会話が話題となった(以下、ネタバレあり)。

ハリウッド映画のオーディションが映画村でおこなわれることになり、かつての恋人・五十嵐(本郷奏多)と10年ぶりに再会したヒロイン・ひなた(川栄李奈)。親の会社を辞め、アメリカに渡った五十嵐は役者の経験を活かし、今ではアクション監督のアシスタントとして働いていた。

一方、キャスティング担当のアニー・ヒラカワ(森山良子)も、甥のジョージ(ハリー杉山)と来日。オーディションのため映画村を訪れたアニーだが、目的はほかにもある模様。アニーがある人物にコンタクトを取ろうと試みるシーンでは、「電話に出ない頑固者の彼は誰?」「虚無蔵(松重豊)さんで、オーディションを受けてほしいのかな?」など、SNSではその正体を推測する人が続出。

またジョージから「ほんとに岡山へ行かずに帰っていいの?」「後悔しないと言える?」と尋ねられ、アニーが「私の人生よ。そしてそれが人生っていうものなの」と答えるシーンも描かれた。

これまでアニーは、道場にある神棚をじっと見つめたり、ひなたのラジオ英語講座やラジオ体操の話に反応したりと、安子(上白石萌音)を匂わせる一方で、前回「日本に来たのは初めて」と話しており、SNSでは「ほな安子ちがうか〜」「安子やないかい」などミルクボーイの漫才のように考察するツイートが多発。

今回も「ひなたを見て、若い自分を思い出すって? 安子やないか!」「日本に会いたい彼がいる? ほな安子とちがうか〜」「岡山に縁がある? 安子やがなそれ〜!」と盛り上がりを見せている。

そのほか、約10年ぶりに再会したひなたと五十嵐には、「文ちゃん、めっちゃかっこよくなってたな!」「2人とも自分の努力で成長しての再会なのが良いね・・・」といった声が集まり、五十嵐が虚無蔵と再会し「鍛錬を怠らなかった証だ」と褒められたシーンでは、「虚無さんからの頭ポンポンに泣けた」「何だか時代劇界のお父さんだな虚無蔵さん」などしみじみする声が上がっていた。

『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第104回では、アニーが五十嵐との再会に動揺するひなたに声をかける。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本