加護亜依「幸せに魅力を感じない」悩みを加藤浩次に明かす

2022.3.12 20:45

極楽とんぼ・加藤浩次と話す加護亜依(C)AbemaTV, Inc.

(写真6枚)

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱によるバラエティ番組『迷えるとんぼちゃん』(ABEMA)が3月10日に放送され、ゲストの加護亜依が過去の騒動のきっかけや裏側を明かした。

同番組は、極楽とんぼの2人が毎回ゲストと本音でぶつかり合うお悩み相談バラエティ。幼い頃から国民的アイドルとして活躍し、現在は34歳で2児の母となった加護は、極楽とんぼの2人とは21年ぶりの再会だったという。

加護が「モー娘。時代にめちゃイケの企画でお会いしたのが最後」と話すも、覚えていない様子の加藤。「私、加藤さんに泣かされましたよ!」と苦い思い出を語りながら、加護は2人との久々の再会を喜んだ。

加護亜依(C)AbemaTV, Inc.

10代の頃の騒動をきっかけに「加護ちゃんは不良というイメージになった」と話す加藤が、「喫煙のきっかけは?」と直球な質問をぶつけると、加護は「おばあちゃんがたばこを吸っているのを見て興味がわいた」「ハスキーな声に憧れた」など赤裸々に告白。またミニモニ。として活動しているときは、真逆のイメージである漫画『NANA』のような女の子に憧れ、「違う自分を知ってみたかった」という本音も打ち明ける場面も。

世間から抱かれているダークなイメージとは裏腹に、「私は本当はすごく明るい」と話す加護。一方で、「幸せに魅力を感じない」「自分に幸せは不要」と考えている本音も。加藤がその理由を深掘ると、加護は「飽きちゃうから、満たされるのが怖い」「幸せで満たされるまでの過程が好き」と独自の考え方を明かした。

極楽とんぼの2人が「闇深い」「どういうこと?」とリアクションすると、同じく出演者の元AKB48・西野未姫は、「分かります、アイドルあるあるかも」と共感。恋愛でも仕事でも「幸せの次は不幸が来るかも」「もっと上を目指さないといけない感覚」と話し、加藤らを驚かせた。

『迷えるとんぼちゃん』は毎月第1・第2木曜、「ABEMA SPECIAL2チャンネル」で放送。月額960円の『ABEMAプレミアム』では、本編では見られない本音トークが公開されている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本