大久保佳代子がシネフェスでボケ連発、女優業は「老化と相談」

2022.3.6 21:00

助演女優賞を受賞した大久保佳代子(6日・大阪市内)(C)おおさかシネマフェスティバル

(写真8枚)

大阪市内で6日におこなわれた映画祭『おおさかシネマフェスティバル2022』で、映画『浜の朝日の嘘つきどもと』に出演した大久保佳代子が助演女優賞に選ばれた。

実在する映画館が舞台で、映画館の存続に奔走する女性の姿を描いたタナダユキ監督のオリジナル脚本を、高畑充希主演で映画化。

高校教師役の大久保は登壇するや「すいません。場違いなところにきて」と会場の雰囲気を掴むと、司会の浜村淳は「すごいよかった。存在感が際立っていた」と称賛。さらに「衣装のおかげかもしれないが妙に色っぽかった」と話を振られると、「実はよく言われるんです」とご満悦な様子をみせた大久保。

ただ、はじめて本格的な映画に出演したという大久保は「セリフの量が多く、50を超えると覚えが悪く、しかも歯に隙間ができて言葉がうまくしゃべれない。改めて役者さんがすごいと実感した」と、ボケながらも苦労話を披露した。

最後に浜村から、「映画女優としてやみつきにならない?」と聞かれると「監督はじめスタッフさんがいい映画を作ろうとしている雰囲気がすごく楽しかった。ただ自分の老化具合と相談しながらですね」と最後は芸人として会場を沸かせてみせた。

取材・文/川野学志

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本