梅田にメキシコ料理店、本場のタコスやドリンクが充実

2022.3.4 19:00

大阪・梅田に誕生した「メキシカンチョップ 大阪」。全11種のタコスは小さめなので食べ比べしても◎。

(写真11枚)

メキシコ料理専門店「メキシカンチョップ 大阪」(大阪市北区)が3月4日、梅田にオープン。現地をイメージしたポップな店内で、本場さながらの屋台フードやドリンクが楽しめる。

巨大なコロナビールの看板が目印の同店。世界遺産「グアナファト」の街並みを再現したという店内には、屋台風のテーブルやカラフルな椅子、ユニークな小物やサボテンが並び、陽気なBGMともに旅行気分を味わえる。

社長の岡本さんは、「あまり馴染みが無いかと思いますが、メキシコ人が普段遣いする屋台フードって日本人の口にも合うんです。食材や調味料のほか、雑貨も直輸入しているので、『リアルなメキシコ』を感じていただければ」とアピール。

カラフルな店内はSNS映え必至。

メニューのなかでも、とくに現地の味をそのまま再現しているというのがタコス。小ぶりなサイズながら、とうもろこし粉を使ったモチモチ生地で食べ応え抜群。ハラミをバーベキュー味で仕上げた「バルバッコア」(462円)や、動物性のものを使ってないのでビーガンにもおすすめの「ひよこ豆のチリコンカン」(319円)など、全11種がスタンバイ。

さらに、ドリンクメニューには、直接契約しているという「コロナビール」や本場のテキーラが充実。飲みやすく翌日に残りにくいという「100%アガヴェプレミアムテキーラ」を使用し、現地スタイルのカクテルとして楽しめる。ショットで飲む日本のイメージとは異なり、ジュースやソーダで割るのでアルコール度数は5〜6%程度だという(度数はメニューによって異なる)。

場所は梅田駅より徒歩8分で、東通りの近く。ランチもおこなっており、営業時間は昼12時から夜9時、水曜定休(情勢により変更があり、SNSを要確認)。

「メキシカンチョップ 大阪」

3月4日(金)オープン
時間:ランチ12:00〜17:00、ディナー17:00〜21:00(情勢により変更あり)
住所:大阪市北区堂山町8-13 3F
電話:06-6315-8945

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本