こんなところに隠れアンパンマンが! 実はめちゃくちゃいた

2022.3.15 06:55

SNSで話題となった隠れアンパンマン

(写真12枚)

視力がない人や視力が低下している人が安全に移動するため、地面に設置されている「案内ブロック」。その案内ブロックに国民的人気キャラクターが隠れていると、テーマパークの案内ブロックがSNSで話題となった。

パッと見では普通のよくある案内ブロックだが、よく見ると人気アニメのキャラクター「アンパンマン」の顔が! この「隠れアンパンマン」があるのは、「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」(神戸市中央区)。同パークに隠されているアンパンマンについて取材した。

■ じっくり館内を歩いてみると・・・

2013年、神戸に誕生した同ミュージアム。人気キャラクター・アンパンマンの世界に入り込んだかのように楽しめることで、親子に人気のスポットとなっている。「話題となった案内ブロック以外にも、さまざまなところにアンパンマンや仲間がひっそり隠れているんですよ」と話すのは、広報・眞鍋順子さん。

館内を巡ると、各エリアにアンパンマンやめいけんチーズ、しょくぱんまん、カレーパンマンなどのキャラクターが、めちゃくちゃ潜んでいることが判明。木の陰影やシャボン玉、水面の泡など・・・普段ならさらっと通り過ぎてしまいそうなところにいて、思わずテンションが上がってしまう。

ここになんとアンパンマン、しょくぱんまん、カレーパンマンがいます・・・

大人の足だと10分ほどで見終わる広さの施設だが、隠れているキャラクターたちをじっくりと目を凝らして探してみると、大人も子どもと一緒に存分に楽しむことができそうだ。

「隠れアンパンマンたちを見つけて、『見て見て! ここにアンパンマンいたよ!』とうれしそうに報告してくれるお子様がたくさんいます。小さい子ども向けの施設なので、お子様の目線に仕掛けを施すことで、アンパンマンが大好きな子どもたちが細部まで存分に楽しめるように工夫しています」と眞鍋さん。

また、これらの仕掛けは「各地のアンパンマンこどもミュージアムによって内容が少しずつ違うので、すべての施設で同じではないんです」とのこと。全国に5つ(横浜・名古屋・神戸・仙台・福岡)ある「アンパンマンミュージアムで、それぞれの『隠れアンパンマン』を探してみては。「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」は、現在WEBの事前予約で入場可能。営業時間は朝10時〜夕方6時。

取材・文・写真/野村真帆

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」

住所:神戸市中央区東川崎町1-6-2
営業:10:00~18:00(最終入館17:00)
料金:2000~2500円(1歳以上)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本