菊之助と松重豊の競演に、SNS興奮「圧巻すぎる」【カムカム】

2022.2.28 19:45

殺陣を繰り広げる虚無像(左、松重豊)とモモケン(尾上菊之助)(C)NHK

(写真5枚)

3世代のヒロインたちが登場し、それぞれの時代を生き抜く姿を描いた連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。2月28日放送の第83回では、モモケンと虚無蔵の過去が明らかになった(以下、ネタバレあり)。

映画『妖術七変化!隠れ里の決闘』の左近役オーディションで、殺陣の披露が始まる。すると、審査員のモモケン(尾上菊之助)が唐突に、「ひとつ私がお相手しましょう」と、虚無蔵(松重豊)の相手役を買って出る。

20年前に父である初代・桃山剣之介が虚無蔵を左近役に選んで以来、ずっとわだかまりを抱えていたモモケン。長らく望んでいた虚無蔵との手合わせを終えると、「私は私の左近を探しにきたんです」「あんたに頼ったんじゃ、父は超えられない」と決意を新たにするのだった。

初代・桃山剣之介を中心としたモモケンと虚無蔵の過去、そして2人が見せる殺陣のシーンに、SNSでは「月曜から圧巻すぎて声が出ない」「朝からいいものを見せてもらった」「息詰まる素晴らしい殺陣」など反響が大きく、ツイッターでは「虚無さん」「モモケン」「松重さん」など関連ワードがトレンド入り。

また、左近役に抜擢されたことを長らく思い悩んでいた虚無蔵が、モモケンから「父は役者としてあんたに一目置いていたんです」と告げられたシーンでは、「松重さんいい顔するなぁ・・・」「なんともいえない表情でその苦悩を映し出した松重さんに、あっぱれ!」など、松重の演技に称賛が寄せられた。

『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第84回では、いよいよオーディションの結果が発表される。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本