妖怪…? 大阪・梅田の珍スポット「たばこの墓場」を調査

2022.2.12 14:15

大阪駅前第2ビルにある「たばこの墓場」

(写真3枚)

大阪・天神橋筋商店街で撮影された「たばこの墓場」がSNSで話題を呼んでいる。「ネギ星人!?」「顔おもろすぎ」など、さまざまな感想が寄せられているこのインパクト抜群の墓場は、どうやら大阪・梅田にあるそう。さっそく、設置主である禁煙グッズ専門店「禁煙屋 梅田本店」(大阪市北区)の代表・松谷博行さんに話を訊いた。

──なんとも言えないおじさんのような表情をしたたばこのキャラクター(投入口)とお墓の像、そしてその下にはクリアケース内に大量のたばこ・・・。墓場というか、もはやたばこの妖怪・・・のような・・・(すみません)。おどろおどろしい風貌に驚きました。この「たばこの墓場」は、いつからあるのでしょうか?

2009年、天神橋筋商店街のお店に設置したのが始まりです。2021年にそのお店を閉めたので、現在は梅田に移動してきました。

──13年も活躍しているんですね! なぜこれを設置されたのでしょうか?

禁煙用グッズ専門店として、お客さまがたばこを手放す決意ができるように設置しました。僕も30年以上吸っていた元愛煙家なのですが、たばこって喫煙者にとっては大切なパートナーなんですよ。だからゴミ箱に捨てるのはちょっと・・・悲しいなと。

──30年以上の愛煙家が禁煙できたのすごいことですね。これも妖・・・いや「たばこの墓場」の効果?

自分が愛煙家だったからこそ、これまでお世話になったたばこを成仏させてあげられるように「たばこの墓場」を考えました。知り合いの造形作家に作ってもらったんです。

──なるほど、「成仏」。大切なパートナーだからこそ、きちんと弔いたいということで墓場なんですね。実際、1日にどれくらいの方がこの墓場でたばこを成仏させているのでしょうか?

正直、今はそんなにいらっしゃらないんです。3日に1人くらい。昔は成人男性のほとんどが喫煙していたと言われていますが、今の若者は喫煙する人もあまりいないので。成仏させにくるのは50代以上の方が多いですね。

──何組かの弔いに立ち合われてきたんですね。みなさん悩まずに入れていかれますか?

サッと入れる方もいれば、10分ほど悩んで入れいく方もいます。悩んでいる方には、「がんばれ〜」という気持ちでひっそり店の奥から応援しています! でも一度入れたものはお返しできないので、よく考えて成仏させてもらえたらと思います!

現在「たばこの墓場」は、「禁煙屋 梅田本店」に設置。禁煙を決断する愛煙家を店頭で毎日出迎えている。今年こそ禁煙をしたい人は、ぜひこちらでたばこを成仏させてみては?

取材・写真/野村真帆

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本