昭和ワードが続々トレンド入り「年齢バレる」の声【カムカム】

2022.2.8 19:45

友人の一恵(清水美玲)に漫画を見せてほしいと頼むひなた(新津ちせ)(C)NHK

(写真5枚)

朝ドラ史上初、3世代のヒロインたちが登場する連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。2月8日放送の第69回では、ひなたが英語講座を勉強し始めた矢先、テレビ番組や漫画に夢中になってしまう様子が描かれた。

憧れの少年・ビリー(幸本澄樹)と話すため、ラジオ英語講座で英語を勉強するひなた(新津ちせ)。しかし、1週間ほど経つと漫画やテレビの誘惑に勝てず、勉強は後回しになってしまう。

ある日ひなたが留守番をしていると、ビリーが回転焼きを買おうと「大月」を訪れる。ひなたは講座で習った「うちに寄っていきませんか?」というフレーズを口にしようとするが全く出てこず、ビリーは帰ってしまうのだった。

1976年のひなたが夢中になっていたのは、「山口百恵」「ノストラダムスの大予言」『8時だョ! 全員集合』『ガラスの仮面』『雲のじゅうたん』(当時放送されていた朝ドラ)といった懐かしいものたち。SNSでは「昭和世代には堪らなく懐かしい数々」「1999年には人生終わると思ってた頃がわたしにもありました(笑)」「ほんと、この回の感想で年齢バレるよねw」といった投稿で賑わい、ツイッターでは関連ワードが多数トレンド入りした。

『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第70回は「もっと英語を勉強していたら」と後悔するひなたを、るいが慰める。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本