シェイクシャックに日本初登場、「とりモモ」のチキンバーガー

2022.1.28 18:15

2月2日より発売されるシェイクシャックの新作「ダークミートチキン」(957円)

(写真4枚)

アメリカ発のハンバーガーレストラン「Shake Shack(シェイクシャック)」(運営:サザビーリーグ/本社:東京都渋谷区)で、鶏モモ肉のフライをサンドした新作「ダークミートホットチキン」が、2月2日より発売される。

NYのとあるアートイベントに出店した「ホットドッグカート」がきっかけとなり、2004年にバーガースタンドとしてオープンした同店。日本上陸時(2015年)は長蛇の列が絶えず、アメリカクオリティのバーガーが日本でも食べられると話題を呼んだ。

今回登場する「ダークミートホットチキン」は、バーガーチェーン店では珍しい「鶏モモ肉」を使用したバーガー。ダークミートとは英語で言う「鶏モモ肉」で、火を通すと黒に変色することからそう呼ばれているという。

数種類のスパイスをブレンドしたスパイシーシーゾニングをまぶし、カラッと揚げた鶏モモ肉に、特製の辛味ソースや厚切りのピクルスを合わせた同商品(975円)。辛さをプラスできる「エクストラホット(無料)」も注文できるので、辛いもの好きの人は是非挑戦してみたはいかがだろう。関西では「梅田阪神店」と「大丸心斎橋店」で販売される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本