高杉真宙、初の90分2人芝居は「培ったものがまっさらに」

2022.1.22 20:15

取材会に登壇した高杉真宙(22日、大阪市内)

(写真3枚)

1977年にアメリカ・シカゴでの初演以降、世界各国で上演され続けている、90分の2人芝居『ライフ・イン・ザ・シアター』。そんな不朽の名作が3月より、日本で16年ぶりに上演される。その取材会が1月22日、大阪市内でおこなわれ、出演者の俳優・高杉真宙が意気込みを語った。

本作は「劇場」を舞台に、芝居に生きる2人の俳優の日常を描いたヒューマンドラマ。劇団の看板俳優・ロバート役に俳優の勝村政信、高杉はロバートを慕う若手俳優・ジョンを演じる。

2人芝居は今作が初という高杉。「出演が決まったときは、よろこびと緊張が入り混じった複雑な気持ちでした。昨年に4人芝居に挑戦して、段々人数が減ってきているな、と(笑)。でも本当に初めてのことなので、何が起こるのか、どういう心持ちでいれば良いのかも分からない状態で。これまで培ってきたことが一旦まっさらになる、という印象ですね」と、現状を語る。

自身の演じるジョンについては、「台本を読んで、思考やふるまいが絶妙に分からない部分があって(笑)。先輩とのやりとりが、結構フランクなところもあり・・・人との距離感の取り方がうまい点が、うらやましいなって思います」と、笑顔を見せつつコメント。

芝居をともにする勝村とは、約10年前に共演経験があるという。「僕が中学生のときにご一緒させていただいて、すごく可愛がっていただきました。勝村さんはおもしろい役をやられてるイメージが強いんですけど、すごくかっこよくてクールな方。何度か2人芝居も経験されているので、すごく心強いですし、自分もしっかりしなきゃなと思います」と、意気込んだ。

『ライフ・イン・ザ・シアター』は3月3日の東京公演を皮切りに、大阪では同月19日より「サンケイホールブリーゼ」(大阪市北区)にて上演。チケットは全席指定8500円、1月23日より一般発売開始。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本