大阪・コロナ新規陽性者は5933人、病床使用率は35.8%に

2022.1.20 19:55

大阪府庁(大阪市中央区)

(写真1枚)

大阪府は1月20日、新型コロナウイルスの新規陽性者を5933人と発表(累計陽性者数は24万2837人)。陽性率は、検査数(PCR・抗原検査)2万9068件に対し20.4%だった。

新規陽性者を年代別にみると20代が1555人と最多で、10代が1002人、30代が925人、40代が821人、50代が532人で、若年・中高年層が全体の約8割を占めた。エリア別では、大阪市1705人、堺市443人、東大阪市391人と続く。

またこの日4人の重症者と1人の死亡を確認。重症病床使用率は2.8%で、病床使用率は35.8%となった(累計死者数は3073人)。この状況に吉村洋文知事は、20日におこなわれた会見で「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請する考えを表明。21日におこなわれる対策本部会議で正式に決定する。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本