結婚の挨拶、竹村夫婦の言葉に「号泣」の声続々【カムカム】

2022.1.19 18:15

平助と和子にあることを伝える錠一郎。左から、大月錠一郎(オダギリジョー)、雉真るい(深津絵里)、竹村平助(村田雄浩)、竹村和子(濱田マリ)(C)NHK

(写真4枚)

3世代のヒロインが生き抜く姿を、昭和から令和にかけて描いていく連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。1月19日の第55回では、錠一郎がるいとの結婚のため、竹村クリーニング店を訪れる様子が放送された(以下、ネタバレあり)。

ジャズトランぺッターのコンテストで見事優勝し、るい(深津絵里)に「結婚しよう」と告げた錠一郎(オダギリジョー)。るいはうれしさを感じつつも、自分を拾ってくれた平助(村田雄浩)と和子(濱田マリ)のことが気がかりで、プロポーズを受けたことや東京行きを2人に明かせずにいた。

ある日、結婚の許しをもらうため、錠一郎が「竹村クリーニング店」を訪れる。店や夫妻のことを想うあまり、「そんなこと、簡単にできるわけないでしょう」と、錠一郎に声を荒げてしまうるい。しかし和子は、「るいちゃんみたいなええ子がいっとき手伝ってくれたなあと、隠居したときに2人でそないな話ができたら幸せ」と告げ、平助は「娘を、よろしゅう頼みます」と錠一郎に頭を下げるのだった。

錠一郎のプロポーズに対する和子と平助のやり取りに対し、SNSでは「竹村夫婦の心の健やかさが素晴らしくて(泣)」「竹村夫婦も本当は寂しいはずなのに、どこまでも愛情に溢れてて素敵すぎるよ」「ここでるいは竹村夫妻の本当の娘になれたんだね。手元から離れることで完成する関係」などさまざまな投稿で溢れ、ツイッターのトレンドにも「竹村夫妻」が入った。

放送後の朝の情報番組『あさイチ』では、鈴木奈穂子アナウンサーが「竹村夫妻・・・素敵でした」と号泣したことを明かす一方、博多華丸・大吉が「ここで安心していいのかな」「この脚本家さんは油断ならないっていうね」と、今後の展開を不安そうに語る一幕があった。

『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第56回は、東京での生活をはじめた錠一郎にある噂が広まる。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本