光で描く幻想的な現代アート、ゆるかわふうの個展が神戸で

2022.1.19 07:45

≪光のもとで≫2018年

(写真6枚)

『光の芸術家 ゆるかわふうの世界~宇宙(そら)の記憶~』が、「神戸ファッション美術館」(神戸市東灘区)で1月29日より開催される。

ゆるかわふう氏は、凹凸を付けた発泡断熱材に背後からLED照明を当て陰影を表現するオリジナル技法「光彫り」で創作している現代アーティスト。神話や海中の風景などを幻想的に描き出した作品は近年、さまざまなテレビ番組などで取り上げられ注目を浴びている。

本展は、高さ約1.8m、幅約5mの大型作品を中心とした全国初の展覧会。時間や季節によって表情を変える空を描いた「空エリア」、月や天女など荘厳な雰囲気の作品を展示する「羽衣伝説エリア」、クジラやウミガメなど海で暮らす動物を描いた「海エリア」に分かれ、30点の作品が展示される。

開催期間は1月29日から3月27日まで、料金は一般1000円、大学生・65歳以上500円。時間は朝10時から夜6時まで。

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界〜宇宙(そら)の記憶〜」

日時:2022年1月29日(土)~3月27日(日) 月曜・3月22日休(3月21日は開館)
   ※新型コロナウイルスの影響で変更の場合あり
時間:10:00~18:00 ※入場は閉館30分前まで
会場:神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
料金:一般1000円、大学生・65歳以上500円、高校生以下無料
電話:078-858-0050

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本