濱田マリ、朝ドラの深津絵里にメロメロ「いとおし過ぎる!」

2022.1.4 08:45

竹村和子役の濱田マリ (C)NHK

(写真1枚)

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)で、夫とともに「竹村クリーニング店」を営む竹村和子役を演じる濱田マリが、自身の役柄や共演者について語った。

これまで朝ドラには2回出演してきた濱田。「『カーネーション』も『マッサン』も本当に大好きで、すごくすてきなお話で、すごくすてきな役をいただいていて、その後も毎年待ってたんです(笑)。『マッサン』から7年ぶりなので、すごく待ったなぁ・・・、でも待ったかいがあったなぁというぐらいに本当にまたすてきなお話、すてきな役にめぐりあえて、すごくうれしかったです」と、出演が決まったときを振りかえる。

濱田が演じるのは、夫・平助とともに「竹村クリーニング店」を営む和子。村田雄浩演じる平助とのやりとりはまるで夫婦漫才のようだが、濱田は「村田さんとは、BSプレミアムの『生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔』という全く違うテイストのドラマでも夫婦役を演じていて、ずっと夫婦です。台本を読んでいて、平助さんと和子さんのやりとりはニヤニヤしてしまいますし、いますぐ現場に行ってできるなあと思うぐらいでした。村田さんがいてくれたら安心です」と明かした。

そんな平助と和子は、住み込みで働くるい(深津絵里)のことを娘のようにかわいがり、その成長をあたたかく見守っている。濱田は、るいを演じる深津絵里を溺愛しているようで、「もういとおし過ぎる! るいのことがかわいくてしかたがないです。でも、村田さんと深津さんと3人で現場でお話するときは、『るいちゃんって、ちょっと変わってるよね』とか『るいちゃん の妄想癖、出た!』とか、るいちゃんというキャラクターいじりを3人でしています(笑)」と撮影現場での裏話を明かした。

『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第45回(1月5日放送)では、ジャズ喫茶の面々がるいの素性に興味を持つ。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本