もも「365日ネタ合わせ、ラクしたら上には行けない」

2021.12.18 19:30

ももの発音は、果物のももと同じ。せめる。っぽくないほうが、まもる。(金髪)で、まもる。っぽくない人がせめる(メガネ)

(写真6枚)

「神様に愛されることも大事やと思う」(まもる。)

──ネタはどんな風に考えているのですか?

せめる。:僕がお題的なことを選んで、こんなんどう?って相方に送ると、LINEで返してくれる。おもしろいと思ったら、言葉やニュアンスを付け足して、互いにアイデアを出し合う感じですね。

まもる。:せめる。がレモンスカッシュ飲んでたらそれを見て、お前はコーラ顔やろ、カルピス顔やろ、乳酸菌顔やろと、試していく感じですね。

──2人のネタにもなっている「○○顔やろ」はどんな風に誕生したんですか?

せめる。:嫌いなものを克服するというほかの芸人のネタを見ていたとき、相方に俺はアニメが嫌いって言ったら、「アニメ顔やろ!」と返されて。それがおもしろかったので、イメージと逆のことを言い合うネタを作ったのが最初です。

NSC時代、まもる。は毎週読み終わった週刊少年マガジンをせめる。にあげていたそう。でも、接点はこれだけで、喋ることも遊んだこともなし

──相方だけを言葉で傷つけていく漫才、新鮮でした!

まもる。:ほかの人は一切傷つけませんから。お互いがお互いのメンタルを削りあって、それが崩壊したときが俺らの終わりやな。

せめる。:いつか耐えられなくなる日が来るかもしれない(笑)。このスタイルが生まれるまで、オチだけ声を張る「ひそひそ漫才」とかいろんなスタイルの漫才をやりましたね。それはネタを作るのが簡単すぎて、すぐやめました。

まもる。:簡単なネタって絶対勝てへんから。ラクしていると絶対上には行けないですから。

──賞レースに向けて、ゲン担ぎをする芸人さんも多いですが、おふたりは何かしていますか?

まもる。:特に変わらずなんですけど・・・今年に入ってから劇場の舞台袖にある神棚に、「今日も1日お願いします。楽しく漫才ができて、お客さんにも楽しんでもらえますように」と、お祈りしていますね。

せめる。:そんなんしない顔ですけど、ちゃんとやってますわ。

まもる。:みんなに見られると恥ずかしいので、ちっちゃくお願いしますって。神様に愛されることも大事やと思うんですよね。

ヤンキーっぽいけど、すごく真面目で熱いまもる。オタクっぽい風貌だけど、せめる。も漫才に対して真面目。ももを知るほど、ギャップにやられる!

せめる。:僕は特に・・・。舞台のときに、赤靴下と赤パンツをはくくらいで。今日もはいてますけど。

まもる。:こういった取材も、勝負だと思っているので! 決勝当日は、駄菓子のビックカツを食べようかと。本当はチキンカツも良いんですけどね。チキンと勝つって。

せめる。:僕は舞台前に食べると気持ち悪くなるので、舞台終わってからじゃないと食べられないですね・・・。あと、お腹いっぱいになると眠たくなるし、一度舞台でスベりすぎて眠たくなったこともあったな。自信があるネタでウケなかったから、ショックでしゃーなくて。昔はスベったらお客さんのセンスが悪いって思っていたので、緞帳がしまるときに中指を立てて、よく相方に怒られてました。

まもる。:それに関しては、めっちゃ怒ってましたね。よくないですからね、そういうのは。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本