スコーンなど焼き菓子が充実、大阪・梅田で英国フェア

2021.11.22 11:45

「ザ バルモラル ホテル」のスコーン。プレーン、アールグレイアプリコット、ミックスフルーツ、ブラウンシュガーレーズン。各297円。紅茶はピュアアフタヌーンティー50g2781円

(写真7枚)

百貨店「阪急うめだ本店」(大阪市北区)でもっとも人気を誇る海外フェア『英国フェア』が、11月23日からスタート。毎年変更されるテーマが、今年はスコットランドとなっている。

現地の人々が大切にする食文化やモノづくりに焦点をあて、スコットランド発祥とされるショートブレッドやスコーンなど、紅茶に合う焼き菓子が充実する今回のフェア。

注目は、各家庭にレシピが伝わるほどおなじみの存在であるショートブレッド。基本はバター、砂糖、小麦粉というシンプルな焼き菓子で、ベーカリー「ショートブレッドハウス・オブ・エディンバラ」、エディンバラの宮殿にある「ホリールードハウス宮殿」など現地の人気店が集結。しっとりから、サクサクまでさまざまな食感のものがそろう。

またスコーンは、スコットランドの首都エディンバラで1902年に創業した5ツ星ホテル「ザ バルモラル ホテル」ののものが登場。こちらは4種セット(1188円・各日限定)をオンラインで事前予約でき、すでに完売している日もあり。ほかにも、パンケーキのようなクランペット、ウェディングケーキとして楽しまれていたバナナブロンディーなども楽しめる。

さらに、イギリスブランドの紅茶、ジャム、チョコレートなどティータイムを彩る食品のほか、ファッション雑貨、アクセサリー、リビング用品までが勢揃い。会場は9階の催場・祝祭広場・うめだホールで、11月29日まで。同フロアでは、クマのぬいぐるみが集結するイベント『英国で愛されるテディベア』や、ロンドンの高級デパート「ハロッズ」のオリジナルグッズがそろう『ハロッズ スペシャルショップ』も開催中。

『英国フェア2021』

期間:2021年11月23日(祝・火)〜29日(月)
会場:阪急うめだ本店 9階催場・祝祭広場・うめだホール(大阪市北区角田町8-7)
電話:06-6361-1381

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本