藤川球児氏、MVPの大谷翔平選手を賞賛も「僕は簡単に打ち取った」

2021.11.19 21:15

元メジャーリーガーで阪神タイガースOBの藤川球児氏(11月19日・京都府内)

(写真5枚)

「同志社国際学院」(京都府木津川市)が、『設立10周年記念式典』を開催。その記念講演が11月19日、同校のチャペルでおこなわれ、元メジャーリーガーで阪神タイガースOBの藤川球児氏が登壇した。

同校設立10周年記念で企画された講演。真剣な眼差しで見つめる児童たちを前に藤川氏は、「みなさん夢を持ってください、(夢が)ないなら探そう。でもめっちゃ叶わなそうな夢を持って。叶うぐらいの夢はダメだよ。そして(実現可能な)目標に変わってきたら一気にいって!」と、夢を持つことの大切さを訴えた。

その後に設けられた児童からの質問コーナーでは、「大谷翔平選手と対戦するならどんな球を投げますか?」と問われると、藤川氏は「僕は2回対戦しているんですよ、簡単に打ち取りましたよ!」と答え、会場の笑いを誘う場面も。

そのうえで「毎日仕事がきて、長く続けられる。そういう人が評価される、どんな世界でも。彼は大きな手術をしているけど、周りに気づかれないまま治して、ずっとスーパースターのままいられる、というような能力を磨いてきた。大谷選手の素晴らしいところはそういうところ」と話し、メジャーリーグMVPを満票で獲得という快挙を達成した大谷選手を賞賛した。

当日は着席の間隔をあけ、室内を換気するなど、新型コロナの感染防止対策が徹底されるなかおこなわれ、同校の6年生と関係者が出席した。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本