人気漫画『ハレ婚。』ドラマ化、島崎遥香が新妻役に挑戦

2021.11.12 06:15

主演の「ぱるる」こと島崎遥香 (C)ABCテレビ

(写真3枚)

人気コミック『ハレ婚。』がドラマ化し、2022年1月より放送をスタート(ABCテレビ)。その主演を、女優・島崎遥香が務めることがわかった。

同作は累計260万部を突破する大人気コミック。恋に疲れたヒロイン・前園小春は東京から帰郷するも、そこで新たに2人の妻を持つ謎の男性に求婚されることに。なんと小春の故郷は、日本で唯一の「一夫多妻制(ハーレム婚、通称:ハレ婚)」が認められた特区となっていた。そんななか、小春のフクザツな結婚生活が始まっていく・・・というラブコメディだ。

なぜか浮気男とばかり付き合ってしまう「既婚者ハンター」の異名を持つ主人公・小春を演じるのは、「ぱるる」の愛称で親しまれる元AKB48の島崎遥香。今作では役に向けて髪をバッサリとカットし、約6年ぶりの連続ドラマ主演に挑む。

原作について島崎は、「率直におもしろい!と。結婚とは? とか愛とは? とか。そこからさらに家族とは? というテーマになっていって。明確な答えがないテーマに対してアンバランスで不思議な友情もあり、考えさせられました」とアピール。

自身が演じる小春については、「後先を考えないとっても真っ直ぐで分かりやすい子だなと。 私自身も後先考えなかったり、思ったことをストレートに言ってしまって1人反省したりするときがあるので共感します(笑)」とコメントした。

放送は2022年1月から。そのほかのキャストは順に発表されていくという。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本