元NMB48・太田夢莉「応援したいと思われるように」

2021.11.6 19:15

映画『風の中のピアノ(仮題)』に出演する太田夢莉(5日・奈良県三郷町)

(写真4枚)

元NMB48のメンバーで女優の太田夢莉と、女優・辻凪子がW主演をつとめる映画『風の中のピアノ(仮題)』。その記者会見が11月5日、「三郷中学校」(奈良県三郷町)でおこなわれ、太田がコメントを寄せた。

2019年にグループを卒業した太田は、その後女優に転身。奈良県三郷町を舞台とした同作では、辻演じる柚の心を溶かす、ある大きな秘密を抱えた千恵子を演じる。

主演映画となる同作の会見でファンへの思いを尋ねられた際、「(NMB48を)卒業して1年目にすぐコロナが流行りだして、あまりお芝居の仕事をいただけていませんでした。なかなか成長した姿を見せられなくて・・・」と、悔しい気持ちを抱えていたことを明かした太田。

そんななかで掴んだ映画主演に、「そこでこの作品のお話をいただけたので、とてもいいタイミングでした。今後は映像や舞台を見守っていただいて、応援したいと思われるように頑張りますので、これからもよろしくお願いいたします」と意気込んだ。

同作は、「吉本興業」が企画する映画を通じて街の魅力を伝えるプロジェクト『地域発信型映画』として制作。作品の製作費500万円のうち、300万円を三郷町が負担、残り200万円はクラウドファンディングにて募られる。

映画『風の中のピアノ(仮題)』

監督:立川晋輔
出演:辻凪子、太田夢莉、徳井義実、ほか

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本