滋賀といえば青!? 滋賀で増殖中の「青いフード」の謎

2021.11.29 07:15
  • 琵琶湖の青をイメージした商品が続出している滋賀
  • 「青色色素と生地の水分量のバランスに苦労した」と店長が語った、インパクト大の琵琶湖ボール(6個480円、1日20食限定)は、出汁につけて食べる明石焼き風。出汁はソースに変更可能
  • 「甲賀もち工房」(甲賀市)の青いもち500円(3個入り)をはじめ、青いあんこや、青いそうめんも
  • 「teraitei」(彦根市)による「ひこにゃんびわ湖ブルー」270円
  • 「とも栄菓舗」(高島市)のゼリー「びわ湖のしずく」324円。青色のゼリーはラムネ風味で、羊羹で作られた鮎が泳いでいる姿をイメージ
  • 『びわ湖ブルー』プロジェクトの発起人である「ツジコー」の社長・辻昭久さん。
  • 琵琶湖の青をイメージした商品が続出している滋賀
  • 「青色色素と生地の水分量のバランスに苦労した」と店長が語った、インパクト大の琵琶湖ボール(6個480円、1日20食限定)は、出汁につけて食べる明石焼き風。出汁はソースに変更可能
  • 「甲賀もち工房」(甲賀市)の青いもち500円(3個入り)をはじめ、青いあんこや、青いそうめんも
  • 「teraitei」(彦根市)による「ひこにゃんびわ湖ブルー」270円
  • 「とも栄菓舗」(高島市)のゼリー「びわ湖のしずく」324円。青色のゼリーはラムネ風味で、羊羹で作られた鮎が泳いでいる姿をイメージ
  • 『びわ湖ブルー』プロジェクトの発起人である「ツジコー」の社長・辻昭久さん。
(写真6枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本