神戸・六甲山でサーキット型野外フェス、韻シストやSeihoら

2021.10.30 21:00

六甲山の3会場を舞台におこなわれる野外フェス『Rainbow Days Kobe』

(写真6枚)

山を自由に巡りながら楽しむ野外フェス『Rainbow Days Kobe 2021』が11月3日、六甲山の3つの会場にておこなわれる。

同イベントは、文化芸術活動をおこなうアーティストをはじめ、制作、運営に関わる人々の「活動の場の創出」と「活動の継続」を目的に、2020年に初開催。兵庫初のドライブインフェスとして「六甲山カンツリーハウス」で実施され、車50台(200人)が集結。今回は、3会場を周遊するサーキットスタイルでおこなわれる。

出演者は、新世代ポップユニット・Sugar’s Campaignとしても活動するトラックメーカー・Seiho(セイホー)をはじめ、Charaとのコラボ曲も話題となったヒップホップバンド・韻シスト、神業プレイで世界中のオーディエンスを魅了するDJ KOCO a.k.a. SHIMOKITAら、クラブシーンを代表する面々がずらり。

このイベントの舞台となるのは、653cafe、六甲山サイレンスリゾート、THIRD PLACE ROKKOの3会場。また、フードブースやワークショップなども予定されており、入場料は4000円(駐車場チケットは2000円)。チケットは事前購入が必要。

『Rainbow Days Kobe』

日時:2021年11月3日(祝・水)・11:00〜20:00
会場:653cafe、六甲山サイレンスリゾート、THIRD PLACE ROKKO
料金:4000円、特設駐車場チケット2000円 ※共に事前購入が必要
※18歳未満は保護者同伴、新型コロナ接触確認アプリ登録など、注意事項あり

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本