大阪の新規陽性者は51人、吉村知事「みなさまのご協力に感謝」

2021.10.22 20:20

大阪府庁(大阪市中央区)

(写真1枚)

大阪府は10月22日、新型コロナウイルスの新規陽性者を51人と発表(累計陽性者数は20万2033人)。この日、新たな重症者は確認されなかった。

陽性率は検査件数1万3740件に対し0.4%(週平均0.6%)。新規陽性者を年代別にみると20代が14人、40代が13人、10代が6人、60代が4人、50代が3人。また就学児3人、未就学児2人の感染が確認された。

入院・療養状況(10月22日時点)

全重症病床使用率    5.8%(35床/605床)

軽症中等症病床使用率  6.3%(179床/2838床)

宿泊療養施設使用率   2.1%(176室/8408室)

入院・療養状況において、全重症病床使用率、軽症中等症病床使用率、宿泊療養施設使用率すべてが10%を下回っており、改善傾向が見受けられる。

21日におこなわれた対策本部会議で飲食店への警戒を解除するとの方針を発表した吉村洋文知事。その後ツイッターでは、「大阪モデルの緑基準を満たしましたので、25日から時短要請等を解除します。この間の事業者のみなさま、府民のみなさまのご協力に感謝します。ただ、昨年は11月から感染拡大、第3波となりました。同一テーブル4人以下等の感染対策、今後もお1人おひとりの感染対策の徹底をお願いします」(原文ママ)と呼びかけた。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本