城崎のトドに、病室から「芸をお願い」できる新企画スタート

2021.10.11 12:15

言葉を聞き分ける天才!トドのハマちゃん 写真提供/城崎マリンワールド

(写真5枚)

トド、セイウチ、ゴマフアザラシ、カリフォルニアアシカと個性豊かな海獣に出合える「城崎マリンワールド」(兵庫県豊岡市)で新企画が10月18日からスタート。長く外出が制限されている長期入院・療養中の人を対象に、病室からトドに言葉でサイン(動作の指示)が出せるというものだ。

城崎マリンワールドに暮らすメスのトド・ハマちゃんは、飼育員の言葉のサインをジェスチャーなしで聞き分けられる特技の持ち主。しかもそのサインの数は40種類と、日本一なのだそう。

「言葉のサインを聞き分けられるのはセイウチだと事例が多くあるのですが、トドは珍しい。ハマはもともと音声サインに興味があったり、若いときからトレーニングを積んでいたりということもありますが、園内のほかのトドはできても10種類ぐらいなので、ハマは特に頭が良く、理解力が高いんでしょうね」(営業企画部 今津さん)。

さらに、画面越しでも言葉のサインを聞き分けられることから、「外出が制限されている人にも動物と触れあえる機会を」と、この企画に繋がった。「見るだけでなく、参加する体験を楽しんでもらえたらと。実は去年に一度開催していて、子どもさんから大人の方、付き添いの職員の方まで参加してくださいました」。

脚であごをカキカキ。その表情と仕草にそこはかとなく知性が。 写真提供/城崎マリンワールド

イベントには、ウェブ会議アプリ「ZOOM」で病室と「城崎マリンワールド」をつなぎ、画面越しで参加、実際にハマちゃんに言葉で「バイバイ」や「投げキス」などのサインを出し、その様子はひとつのショーとして園内にいる来場客も一緒に楽しめる。さながらトレーナー気分だ。

『病室からトドにサインを出すツアー』は、今年は10月18日から12月31日まで開催予定。希望日の1週間前までに電話(0796−28−2300)で申し込みできる。詳細は城崎マリンワールドの公式サイトにて。

イベントの様子。スマホ越しに出された「倒立」のサインで、見事にキメ! 写真提供/城崎マリンワールド

ハマちゃんのほかにも、城崎マリンワールドには人気者がいっぱい! ただいま好評発売中のLMAGA MOOK『関西みんなの動物園と水族館』では、ハマちゃんと共に暮らすオスのトド、シュンタくんやセイウチのそらちゃん、ゴマフアザラシのずんだくんを、担当飼育員さんがみずから撮影した魅力たっぷりの写真を楽しいエピソードと共にたっぷり紹介。彼らが元気にパフォーマンスする動画へのリンクQRコードも掲載しているので、写真も、動画も、すみずみまでチェックを!

「城崎マリンワールド」

住所:兵庫県豊岡市瀬戸1090
時間:9:30〜16:30(30分前最終入場)
休園日:なし ※メンテナンスによる臨時休業あり、次回は12月16日
入園料:高校生以上2,600円、小・中学生1,300円、3歳以上650円 ※その他、セット料金あり
電話:0796-28-2300

「関西みんなの動物園と水族館」
1100円(京阪神エルマガジン社)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本