大阪にすみっコぐらしカフェ、映画テーマのメニューが勢揃い

2021.10.6 18:45

「とかげのナイトパーティーカレー」(1430円) (C)2021 日本すみっコぐらし協会映画部

(写真8枚)

11月5日に封切りを控える劇場アニメ『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』。その公開を記念して、全国3カ所にてコラボカフェがオープン。関西では、10月20日より「心斎橋OPA」(大阪市中央区)にて開催される。

すみっコぐらしは、かわいらしい見た目ながらも暗い過去を持つというギャップから幅広い世代に人気のキャラクター。2019年にはアニメ映画化され、興行収入14億円を売り上げるヒット作となった。

今回のコラボカフェでは、映画のタイトルに合わせて青をメインにしたフルーツポンチやアサイーボウルなど、フードメニューがスタンバイ。カフェオリジナルのグッズも発売され、暗闇で光る蓄光ステッカー(ランダム8種/605円)や、蛍光ペンセット(1100円)といった、月夜という映画の設定になぞらえたグッズが数多く並ぶという。

料理やグッズに使用される魔法使いに扮したすみっコたちは、映画バージョンのビジュアルで、ファンにとってはたまらないコラボカフェとなりそうだ。予約はひとり715円(特典つき)で、公式サイトにて受付中。

『すみっコぐらしカフェ』

期間:2021年10月20日(水)~12月5日(日)
会場:kawara CAFE&DINING 心斎橋店大阪市中央区西心斎橋1-4-3 心斎橋オーパ 9F)

劇場アニメ『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』
2021年11月5日(金)公開
監督:大森貴弘
ナレーション:井ノ原快彦、本上まなみ
配給:アスミック・エース

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本