大阪・泉南のフェス、再延期が決定「マイナスイメージ拭えず」

2021.10.6 07:45

再度延期を決定した『MUSIC CIRCUS’21』

(写真1枚)

大阪府南部に位置する泉南市で、10月23日・24日に開催予定の音楽フェスティバル『MUSIC CIRCUS’21』。5日、主催するイベント会社「トライハード」(本社:大阪市中央区)がその再延期を発表した。

2014年に大阪で初めて開催され、「メイドインジャパン」をテーマに世界に発信するダンスミュージックフェスティバルを目指してきた同フェス。8回目となる今回は8月に1度延期が発表され、9月には来場者全員に新型コロナウイルス感染予防を目的とした入場条件を提示することを発表。(1)ワクチン接種2回完了、(2)入場前72時間以内のPCR検査結果が陰性、(3)入場時の抗原測定キットでの陰性判定、のいずれかを満たせば入場できるというものだった。

しかし今回、10月の開催を断念。同社は「日本中で加熱した音楽フェスに対するネガティブな報道は、緊急事態宣言解除を経て一時よりは見かけなくなりましたが、音楽フェスへのマイナスイメージは払拭できないままです」とコメント。

また、「ご来場のみなさまには、感染症対策で何かとご不便をおかけする分、ステージパフォーマンスを存分にお楽しみいただきたかったのですが、風評被害からアーティストの出演自粛も相次ぎ、実行委員会並びに出演者サイドとも協議を重ねた結果、今後のアーティスト活動発展の妨げとならぬよう、想いは延期公演へと引き継ぐこととなりました。現状、延期日程及び会場は未定ですが、必ずやり遂げたいと考えております」と宣言した。チケットの払い戻しなどは公式サイトにて。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本